毛穴にビタミンC!が効かない理由ともっといい方法

毛穴の開き、黒ずみ、ニキビなどで悩む人は、大半がビタミンC美容液や化粧水に関心を持ちます。

でも世の中のビタミンC化粧品で毛穴はほとんど綺麗になりません。毛穴が綺麗になったという人も、実はビタミンCは関係ないということが大半です。

でも、ビタミンCを上手に使うことで、毛穴がかなり目立ちにくくなるチャンスはあります。私も疑っていたのですが、使い方次第と毛穴状態次第で結構驚いたのです(この部分だけ読みたい人はこちらから)。

ビタミンCの力は万能だけど毛穴に効く?という点は疑問

毛穴にはビタミンCというのが鉄板ですよね。

理由は、ビタミンCの持つ作用が毛穴トラブル解決に必要なものと多く一致するからです。

ビタミンCの持つ作用は以下のことがよく語られます。

  • 皮脂のバランスを整える
  • 酸化に強い
  • コラーゲン生成のサポート

毛穴と直接関係ありませんが、メラニンの生成抑制、つまり美白作用も認められています。こちらは毛穴の黒ずみに効果があるとよく言われます。

ではこれらビタミンCの作用と毛穴の開き原因が本当に合致するか?というとそうではないのです。

あと黒ずみもあんまり美白と関係ないことのほうが多いんです。

ビタミンCの皮脂抑制?で毛穴が目立たなくなることはない

皮脂が多いから毛穴が開くのではない

皮脂がたくさん出るから毛穴が開いて目立ってしまう…だからビタミンCがいい!

と言われていますが、そもそも皮脂が多いだけで毛穴が開くことはありません

確かに皮脂が多いほうが毛穴は開きやすくなります。ただ、それでも開きっぱなしということはなく、毛穴が自然に収縮していれば皮脂で押し広げられることはありません。

男性は女性より皮脂分泌量がかなり多いのですが、どっちかと言うと毛穴で悩んでいるのは女性ですよね。

このことからも、皮脂過剰だけで毛穴が目立っているわけではないことが分かるでしょう。

皮脂が多い理由はホルモンバランスが大半。ビタミンCは効かない

仮に皮脂量が毛穴を押し広げているとしても、ビタミンCの持つ力ではどうしようもありません。

ビタミンCは皮脂分泌量を抑えると言われていますが、実際にそうだとしても毛穴に影響が出るまでは力を発揮しません。

なぜなら、皮脂が多い人の理由は「男性ホルモン」「対ストレスホルモン」による影響だからです。

男性の方が脂性なのは男性ホルモンが多いからです。男性ホルモンが皮脂分泌を促します。女性にも男性ホルモンはあります。でも量が少ないから男性よりは皮脂量が少ないんです。

だから生理のときに顔がベタベタになる女性が多いのです。生理ほどホルモンバランスが動くときはありませんよね。

またストレスを感じた際に分泌されるホルモンが、男性ホルモンと同じように皮脂分泌を促してしまいます。緊張したら脂汗が出るのと同じですね。

となると、ビタミンCがホルモンバランスに影響するのかどうか?という点になりますよね。

答えは、影響しない。

だから脂性の人がビタミンC化粧水を使っても大して皮脂量は変わりません。ただサッパリした使い心地なので、それで皮脂が落ち着いた感じにはなります。

ビタミンCの抗酸化力?で毛穴が小さくなることはない

肌はあらゆることで刺激を受け、その際に活性酸素を生み出して肌細胞を傷つけてしまいます。

具体的には細胞の生まれ変わりを邪魔してしまいます。活性酸素はDNAのコピーをおかしくしてしまうため、元にあった場所に新しい細胞を送り出すことができなくなります。

これを繰り返すと、コラーゲン量が減少し、部分的にハリを失ってきます。そのせいで肌表面が垂れてしまい、毛穴が涙型に垂れて目立ってきます。

この状態を防ぐには酸化に強い状態が必要です。活性酸素とはサビだからです。

ビタミンCには強い抗酸化力があります。

でも酸化を全て止めることはできません。意味がないことはないものの、一度垂れて目立ってきた毛穴を元に戻すほどの効果はありません

またビタミンCより強いアスタキサンチンもあります。このアスタキサンチンでさえも毛穴が元のサイズに戻るということもありません。

あくまで普段からの予防ケアとしては意味があるものの、既に問題が発症した毛穴には期待が大きすぎるのです。

ビタミンCのコラーゲン生成?は実験では効果があるけど化粧品では……

ビタミンCは線維芽細胞の働きを助け、コラーゲンの生成を促す働きがあります。

ただ、これは実験上の話であり、研究室内での結果です。実際に人の肌で実験しても良い結果が出ますが、だからといって毛穴の開きが回復することまでは期待できません。

ビタミンC美容液の大半は線維芽細胞に届かない

ビタミンCが仮にコラーゲン生成を促進したとしても、そのためには線維芽細胞に届かないといけません。

しかし、ビタミンCをたくさん飲んでも都合よく毛穴部分に働くわけでもありませんし、化粧品でも基本的に線維芽細胞には届きません。

化粧品の場合はさらに誘導体という形を取るため、余計なものが付着したビタミンCを塗ることになります。

そのため、自分で思っているほど肌にビタミンCを届けられていないという問題もあります。

この問題をクリアできるのが美容外科などで行われるイオン導入です。

この方法であっても毛穴が見事に目立たなくなるということはありません。そこまでやっても多少はという程度なので、自力だとほとんど期待できません。

ビタミンCの美白効果?は毛穴の黒ずみと全く関係がない

ビタミンCというと美白をイメージする人も多いでしょう。毛穴の場合は黒ずみに効くのではないかと。

でも毛穴の黒ずみにビタミンCはほぼ期待できません。なぜなら、毛穴の黒ずみは一般的な美白とは関係がないからです。

毛穴だけシミができるはずがない

美白が効くとなるとシミになるわけですが、毛穴が黒いのはシミとは関係ありません。

シミはメラニンが蓄積してできるものですが、そもそも毛穴にだけピンポイントに溜まるものでしょうか?ちょっとおかしいですよね。

確かに毛穴ケアを間違っていると毛穴にダメージが残り、それがきっかけでメラニンが堆積することはあります。しかし、頬や小鼻など全体的に黒ずみが残るまでは考えられません。

では毛穴の黒ずみは何なのか?というと、これは汚れや産毛の堆積です。よく角栓が酸化して黒くなると言いますが、それなら毛穴以外の肌も酸化するはず。角栓だけ酸化して黒くなることは考えにくいのです。

だからビタミンCの美白作用で毛穴の黒ずみが解決することはほぼ期待できないのです。

美白はそもそも非常に効きにくい

美白ケア自体もこれは効果があった!という人はあまりいないのでは?

美白成分は確かに効果がありますが、その大半はこれから増えるであろう余計なメラニンを抑制するものです。

既に黒い部分を白くするものではありません

例外としてハイドロキノンがありますが、これだって100%のものではありません。

ましてや一般的に販売されている美白成分の場合は、これ単体でどうにかなるレベルではなく、正しいスキンケアや生活習慣と合わさって初めて効果がでるくらいのものなんです。

ビタミンCで毛穴が目立たなくなった!という人は嘘ではない

ここまで全否定すると、ビタミンCなんて毛穴に意味がないじゃないかと思いますよね。

でもそうでもないんです。実際にビタミンCで毛穴が綺麗になった人はいます。私もそうです。完全に意味がないと思っていたのですが、思っていなかった結果になりました。

保湿で限界だったターンオーバーがより整って毛穴が分かりづらくなった

私の場合、特に小鼻の毛穴が開いて目立っています。ファンデーションなんてどう厚塗りしてもクレーターが残るものが2つ。あとはメイクで隠せるものの、薄付きだと近くでバレるレベルです。

そんな私もいろいろ毛穴ケアを試しました。

でも、どれもその直後だけ。結局は化粧品の成分が肌に残っているときだけしか効果がなく、時間が経つと1時間後くらいには元通り。

ビタミンC化粧水も以前試したことがあるのですが、さっぱりするだけで本当にそれだけでした。それもあってビタミンCについては否定派になったのです。

でも、ビタミンC美容液にして、質にこだわったものを使ったことで結果が変わりました。

毛穴自体が消えたわけではありませんが、開いていた口が小さくなってかなり分かりづらくなったのです。

ビタミンC濃度が濃い美容液で毛穴の見た目変化に気づく

肌水分量チェッカーで肌水分量を計ると、どう保湿ケアしても小鼻だけダメだったんです。

あらゆる保湿ケア、保湿化粧品を試したのですが、小鼻だけダメ。肌水分量が上がらなかったんです。

頬は効果があって大人ニキビができにくくなりました。だから小鼻もキレイになるかな!と思っていたら全然ダメ。

そうやって無駄なお金をかけていたのですが、ビタミンC美容液ならどうだろう?と思ったのです。ビタミンC化粧水は使ったことあるのですが、そもそも水にビタミンCは溶けにくいので、化粧水では思ったほど配合できないことを知ったからです。

偶然、そのとき使っていた保湿化粧品の同ブランドにビタミンC美容液がありました。トライアルのときは何とも思わなかったのですが、本製品を小鼻のためだけに購入し継続利用。

そうしたら、2ヶ月手前くらいでなんかおかしいな?と感じたのです。

こうなんて言うのでしょうが、毛穴の入り口のカーブが緩くなったというか、もっとこうグワーン!と蟻地獄みたいに穴があったのが、毛穴自体は見えるものの影が薄くなった感じでかなり目立ちにくくなっていたのです。

開いていることは開いているのですが、肉眼レベルで明らかに見た目が違うんです。ファンデーションを塗ってもそこそこごまかせる程度に。

この理由は、小鼻のターンオーバーがおかしかったのが落ち着いたからなんです。

角質がどんどん積み重なって毛穴が目立っていた

なんで?

と思ったのですが、常に不安定だった小鼻の角質がしっとりと落ち着いてくれたからでした。

以前は余計な角質がすぐに溜まるくせに、しっかり目に洗顔すると赤くなってしまったり不安定でした。どうもターンオーバーが安定せず、角質が常に早く生まれては溜まるけど、剥がすと荒れるというどうしようもない状態でした。

ビタミンC美容液を使ってから、どうもターンオーバーの周期が安定したというか、以前のような不安定さがなくなったのです。

以前のように角質が溜まりすぎることもなければ、鼻が赤くなることも減りました。小鼻の皮膚が薄すぎず、厚すぎずといった感じです。

これにより、角質の厚みが安定して毛穴の入り口が広がって見えなくなった、というのがメカニズムなんです。

ビタミンCで毛穴開きが解消した人は、ターンオーバーが整って見た目に変化が出たから

小鼻の毛穴が目立たなくなるとメイクは楽だし、何より毎日洗顔後に「あ~、この毛穴さえなければなあ……」という嫌な気持ちを感じなくなったのはとてもうれしいです。

ところがですね……

ビタミンC美容液も安くはないし、もう毛穴もこれ以上は綺麗にならないっぽいからやめちゃおう、ってことでビタミンC美容液の使用をやめました。

すると、やっぱりちょっと戻ってきています。

ビタミンCで毛穴が完全に綺麗になるという期待を寄せている人は多いでしょうが、実際にビタミンCで毛穴開きが目立たなくなったという人は私のパターンだと思います。

いわゆる乾燥毛穴のタイプ。

でも、ニキビで炎症を起こして凹んだ一番目立つ、乾燥原因ではない毛穴もビタミンC美容液を使っているときは意外にも目立ちにくくなっていました

やはり角質が変に積もって余計に目立っていたようで、ビタミンC美容液を使っていたときは「私の小鼻、そんなに汚くなかったじゃん」と思えていたので。

これ以降、さすがにビタミンC美容液はマストバイアイテムになりました。

1本5,000円ほどしますが、小鼻専用です。毛穴が目立っている部分だけのスペシャルアイテム。これなら1本で3ヶ月や4ヶ月使えるので高くはないんですね。

基本的に組織が潰れて開いた毛穴は元通りになりませんが、今より目立たなくすることはできると思います。当然黒ずみみたいなものができることもありません。

ただ、ビタミンC美容液は相当ピンきりがあります

いいものとダメなものの差がかなりあると思います。よくよく考えたら、ビタミンCだけの美容液ってあんまり売ってないですよね。やっぱりビタミンCは使用量が多くないとダメなんだと思います。

ビタミンC美容液は「型」と「浸透技術」で選ぶべき

他の美容成分が入っていないビタミンC100%美容液がいいと思います。

ビタミンCは一般的になりすぎており、色々な化粧品に配合されていますが、どれも濃度が足りなさ過ぎます。それでビタミンCがダメとは言えないでしょう。

美容皮膚科でもビタミンCは活用されており、医師がその効果を認めています。これはイオン導入などの浸透技術と、医師にしか扱えない濃度があるから、というのは言うまでもありません。

では一般人がコスメでどこまで近づけるかというと、やはり型と浸透技術しかありません。

ビタミンCは生だと配合できない

ビタミンCはかなりの刺激物質です。ピリピリ来ます

これはビタミンCが不安定で壊れやすい性質があり、その際に刺激を発してしまうからです。

だからビタミンCそのもの(アスコルビン酸)を化粧品に配合できません。肌に塗布した時点でビタミンCが変性して刺激性を持つからです。

これをクリアするために、ビタミンCは誘導体という型で配合されます。ビタミンCに糖などをくっつけて、ビタミンCの不安定さを除去。肌に浸透し、肌内にある酵素により糖とビタミンCが切り離されることで、刺激リスクを避けながらビタミンCを肌に届けることができます。

一般的にビタミンC配合とは全てビタミンC誘導体のことです。でないと刺激を感じて使えないからです。

誘導体はビタミンC濃度が落ちる

ビタミンC誘導体はいろいろな型があり、それぞれに特徴があります。

一番いいとされているのがAPPSです。

水分にも油分にも馴染みやすく、角質層の細胞間脂質によるバリア機能も突破して浸透してくれます。

ただ、誘導体である以上、ビタミンC美容液の中身の半分は糖など肌にとって美容作用がないものになります。

ビタミンC化粧品がいまいちで、美容外科だと効果を感じるとういのは、やはりこの濃度差が影響しています。

リポソームカプセルで生ビタミンCが使える

ビタミンC誘導体は優秀ですが、美容外科での濃度ほどあってようやくビタミンCの真価が発揮されやすいと言えます。

ただ例外があって、リポソームというリン脂質でカプセル化したものなら、誘導体でなく生状態で配合できます

刺激はどうなるんだ?

となりますが、リポソームカプセル化されると成分は非常に安定します。また肌への馴染み方もめちゃくちゃ良くなります。

すごいいい浸透技術ですが、リポソームを扱っているブランドは国内でわずか。ビタミンC100%(その他品質成分除いて)美容液となると1社です。

ものすごく高価なイメージですが、案外とそうでもなくて税込みで5,000円です。トライアルもあるので一度試してみる価値はあると思いますよ。

リポソーム化ビタミンC美容液

ビーグレン Cセラム

生ビタミンCの美容液

誘導体ではないナマのビタミンCを使える唯一無二の美容液です。

使うとなぜか温かみを感じます。他ではここまでの感じはなく、これは違うなとすぐに分かります。結構少量で満足感があります。意外なほどにコスパが良くて、思ってたより長く持つなあといった印象です。

ブランド自体の知名度がいまいちですが、アメリカの薬学博士ブランドで技術力が段違い。化粧品というよりその先のカテゴリだと思います。広告宣伝費にお金をあまりかけておらず、他の化粧品でダメだった人が行き着くのがこれみたいです。実際に私もそのパターン。

365日返品保障もありますし、定期購入で割引もありますが電話せずにネットで自由に変えられるのが気楽。一度定期購入で電話が繋がらず、ずるずる購入し続けた苦い思い出があるのですごく好印象です。

※毛穴ケアトライアルなど全てのトライアルに入っています。

乾燥がひどい人は高濃度セラミドでふっくら毛穴へ

乾燥がひどい人はビタミンCの前にセラミドを安定させるべきです。でないと肌の保水力が落ちっぱなしで、ターンオーバーがまともになりません。

なので常に毛穴の入り口が開きっぱなしになります。

セラミド化粧品はビタミンC美容液ほどではありませんが、やはり浸透性で差が出ます。毛穴のことも考えると以下のものが候補です。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

国の基準認定あり

角質層にセラミドが満ちると、ビックリするくらい肌がフワトロしたような使い心地です。乾いて毛穴が目立っているなら結構見た目が変わります。

いろいろありますが、セラミドに関して違うなあと感じたのがジェリータイプの美容液セラミドでした。

違いは浸透技術。アスタリフトは写真フィルムのFUJIFILM製造のコスメ。フィルムと肌構造が似ていることから生まれたコスメブランドです。セラミドジェリーなのはここだけ。ジェリーなのは一番高濃度で配合できるかららしいですが、他社がやっていないということはできないからでしょう。

そしてビタミンCの何百倍とされるパワーを持つアスタキサンチンとリコピン配合。これも高濃度みたいで、肌を守る力ならこっちが上です。

毛穴以外に透明感が欠けていたのですが、これを使うとすぐにそのことを忘れてしまうほどです。

ゴワゴワ肌の人は美容液前にこれ

肌が硬くゴワゴワの場合、いくらリポソーム化されていても浸透が阻まれて無駄が生じます。

かといってピーリングはリスクがあります。

毎日のメイク落としと洗顔が同時にできて、ちょうどいい感じで硬く古い角質を落とせるのがこんにゃくスクラブです。

通常のスクラブは肌を傷つけますが、赤ちゃんスポンジに使われる素材なのでほどよく自然に肌を柔らかくでき、ビタミンC美容液の力を邪魔しません。

リ・ダーマラボ モイストクレンジングゲル

馴染ませるだけで毛穴原因の角質を取り除く

毛穴ケアは毛穴掃除と周辺の角質への影響のバランスがとても重要です。このバランスを間違えると毛穴はどんどん大きくなります。

リ・ダーマラボは99%を美容成分にしたW洗顔不要のクレンジングゲル。洗顔単体でも当然使え、10秒ほど馴染ませるだけで毛穴もバッチリ掃除完了。濃いメイクもオリーブオイルより完璧に浮き上がります。

それでいて影響を与えたくない角質には潤いだけを残す完璧な仕様。まだ知られていない知名度ですが、これを超えるもの、また同等品は他にありません。